【韓国の経験に学ぶ人手不足対策 「外国人雇用許可制度」とは】第12回 外国人労働者は韓国人の職を奪うのか/佐野 孝治

2014.09.22 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

マクロ経済には有効 ”韓国人優先”侵害の面も

(1)肯定・否定の見解が併存

 韓国の雇用許可制も今年の8月で施行10周年を迎え、その成果だけでなく、限界や課題も次第に明らかになりつつある。これから数回に分けて、韓国の雇用許可制の評価を行い、日本の外国人労働者受入れに対する示唆点を探ろうと思う。…

著者:福島大学 経済経営学類 教授 佐野 孝治

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年9月22日第2986号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ