【韓国の経験に学ぶ人手不足対策 「外国人雇用許可制度」とは】第7回 中小製造業の状況/佐野 孝治

2014.08.18 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

小規模ほど足りない 強い「受入枠」拡大要望

(1)中小製造業における深刻な人材不足

 前回は、韓国における外国人労働者の状況を概観したので、次に製造業、建設業、農畜産業など産業ごとに見ていこう。今回は、中小製造業について取り上げる。

 韓国の製造業で働いている外国人労働者は37.7万人で増加傾向にあるが、中小製造業は依然として、慢性的な人材不足の状態にある。雇用許可制が導入された04年には、中小製造業の人材不足人員は11.3万人で、不足率は5%と高かった。…

著者:福島大学 経済経営学類 教授 佐野 孝治

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年8月18日第2981号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ