【韓国の経験に学ぶ人手不足対策 「外国人雇用許可制度」とは】第17回 「外国人犯罪」は増加するか(1)/佐野 孝治

2014.11.03 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「暴力」が3割で最多 進む多様化・凶悪化・組織化

(1)日韓両国に強い懸念

 これまで5回にわたって、雇用許可制の基本原則(①労働市場補完性の原則、②短期ローテンション(定住化防止)の原則、③均等待遇(差別禁止)の原則、④外国人労働者受入れプロセスの透明化の原則)が守られているかという基準から雇用許可制を評価してきた。以前の産業研修生制度時代からは大幅に改善しているが、賃金格差や差別、受入れプロセスでの不正根絶はできていない。また滞在期間の満了に伴い不法滞在者が増加するといった新たな問題も発生しており、特に近年、大きな社会問題となっているのは外国人犯罪の増加である。…

著者:福島大学 経済経営学類 教授 佐野 孝治

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年11月3日第2991号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ