【韓国の経験に学ぶ人手不足対策 「外国人雇用許可制度」とは】第18回 「外国人犯罪」は増加するか(2)/佐野 孝治

2014.11.10 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

温床とは言い切れず ”不法滞在者”の犯罪は減

(1)多いのは暴力や交通違反

 前回述べたように、韓国では外国人による犯罪(検挙者数)が急激に増加しており、強盗や殺人などの凶悪犯罪も、10万人当たりの検挙者数では韓国人の平均を上回っている。

 日本では、不法滞在者の存在が外国人犯罪の温床になると考え、警察や入国管理局が合同摘発や集中取締りを実施している。韓国でも一般的には同様に考えられているが、実態はどうか。…

著者:福島大学 経済経営学類 教授 佐野 孝治

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年11月10日第2992号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ