【韓国の経験に学ぶ人手不足対策 「外国人雇用許可制度」とは】第16回 受入れプロセスの透明化の原則は守られているか/佐野 孝治

2014.10.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

労使ともに高評価 ”不正根絶”道半ばだが

(1)政府主導型受入れシステム

 今年8月、雇用許可制施行10周年を記念し、雇用労働部と産業人力公団主催の評価討論会が開催され、外国人労働者、事業主、送出国担当者、外国人労働者支援団体などの多様な観点から評価がなされた。そこで産業研修生制度より大きく改善したと共通認識を得られたのは、「外国人労働者受入れプロセスの透明化と不正の減少」である。…

著者:福島大学 経済経営学類 教授 佐野 孝治

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年10月27日第2990号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ