【アジア進出企業の労務管理ガイド インドネシア編】第7回 賃金、労働時間、休暇制度 残業に労働者合意必要 1日3時間・週14時間まで/田原 直子

2013.05.27 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

宗教祭日手当を義務化

 今回は、基本的労働条件のうち、①賃金、②労働時間および③休暇制度について紹介する。

 ①インドネシアにおいて、賃金は、固定給(基本給および固定手当)、変動給および時間外手当から構成される。固定給の内訳では、基本給と固定手当の比率は、基本給を75%以上にしなければならないとされる(労働法94条)。…

筆者:曾我法律事務所 弁護士 田原 直子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年5月27日第2922号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ