【アジア進出企業の労務管理ガイド インドネシア編】第1回 労働法制の概要 使用者に解雇自由なし 退職金支給を法で義務化/田原 直子

2013.04.08 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

大規模な賃上げデモ頻発

 インドネシアは世界第4位の人口を誇り、若年人口が多いため潜在的労働力も豊富で、消費市場としても注目されている。

 従来、ASEAN諸国の中でもベトナム・フィリピンに次いで賃金水準が低いと評されてきたが、近年、年間10%近く賃金が上昇し続けている。また、最低賃金も上昇を続けており、これらの事情が日系企業のコストを押し上げている。…

筆者:曾我法律事務所 弁護士 田原 直子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年4月8日第2916号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ