【アジア進出企業の労務管理ガイド インドネシア編】第8回 女性・児童の保護 女性深夜勤に送迎義務 児童労働は15歳で線引き/田原 直子

2013.06.03 【労働新聞】

前後1.5カ月の産休付与

 今回は、労働法上の女性・児童の保護制度について紹介する。

 女性労働者に対しては、深夜労働に対する配慮や、生理休暇・産休などの制度が置かれている。

 インドネシアの労働法は、深夜労働に対して割増賃金を支払う旨の規定を置いていないが、18歳未満の女性労働者に対して、午後11時~午前7時までの時間帯に労働させることを禁止している(労働法76条1項)。…

筆者:曾我法律事務所 弁護士 田原 直子

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成25年6月3日第2923号10面

あわせて読みたい

ページトップ