【企業を守るメンタルヘルスリスク管理術】第14回 復職可否の判断 専門医から診断得る 業務内容など情報を提供し/小池 啓介

2013.04.15 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

人事権濫用を回避へ

 メンタルヘルス不調では回復までの期間が一定でない。そのため、休職期間の満了までに回復しないケースも多いが、休職期間の満了以前に症状が「回復」したとして復職を申し出てくるケースも多い(使用者からのご相談にあずかる立場としては、両者の割合は概ね半々程度という感覚をもっている)。…

筆者:髙井・岡芹法律事務所 弁護士 小池 啓介

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年4月15日第2917号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ