【企業を守るメンタルヘルスリスク管理術】第21回 復職後の再発・休職 休職通算規定が必須 1年程度以内の再発に/岡芹 健夫

2013.06.10 【労働新聞】

本質は解雇猶予制度

1 傷病休職制度の概要

 傷病休職制度とは、通常、長期間雇用が予定されている従業員(いわゆる正社員)について、会社(使用者)が自主的に設けている人事制度の1つであり、その内容を簡単にいえば、当該従業員が傷病のために労務を提供できない状態になった場合でも、会社所定の期間は解雇を猶予し、会社に在籍のまま治癒を待つ、(上記所定の期間を過ぎても労務を提供できない場合は、退職扱いまたは解雇となる)というものである。…

筆者:髙井・岡芹法律事務所 弁護士 岡芹 健夫

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成25年6月10日第2924号11面

あわせて読みたい

ページトップ