【企業を守るメンタルヘルスリスク管理術】第15回 復職判断と診断書 「第三の意見」聴取を 診断結果が割れた場合/岡芹 健夫

2013.04.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

期間満了時期を告知

 本連載でも何度か述べているように、メンタルヘルス不調の場合に限らず、従業員が私傷病により休職に入った場合、就業規則上の傷病休職規定に定められている休職期間を満了しても、休職した従業員が復帰可能(就業可能)とならない場合、その従業員は、規定によって自然退職扱いか解雇となる。従って、休職満了期間までに当該従業員が就業可能な状態になるか否かは、法的にも重大な事実である。…

筆者:髙井・岡芹法律事務所 弁護士 岡芹 健夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年4月22日第2918号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ