【企業を守るメンタルヘルスリスク管理術】第2回 関連する法律 長時間労働を規制 医師の面接指導定める/廣上 精一

2013.01.21 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

過労死問題受け改正

1 労働時間・労働日等の規制

 労働法の世界において労働者の心の健康管理が特に問題とされるようになったのは20数年前のことである。その頃、「過労死」という言葉が注目されるようになった。長時間労働を原因とする脳血管障害や心臓血管障害による死亡、および、うつ病自殺を総称する言葉であるが、社会的問題ともなった。このため、主に長時間労働の規制に関して種々の労働関連法の改正が行われた。

 ところで、労働条件の規律を主な目的とする労働基準法(同法1条)には、同法が施行されたときから、労働者の労働時間や労働日数を制限する規定が設けられていた。…

筆者:髙井・岡芹法律事務所 弁護士 廣上 精一

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年1月21日第2905号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ