【企業を守るメンタルヘルスリスク管理術】第22回 業務上疾病認定 安全配慮義務に影響 長時間労働対策がカギ/小池 啓介

2013.06.17 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

労働時間に数値基準

1 労災請求・認定件数

 メンタルヘルス疾患の業務上認定(労災認定)の請求件数と認定件数は、平成13年度でそれぞれ265件、70件であったものが、23年度ではそれぞれ1272件、325件と、10年間で飛躍的に増加している(厚生労働省発表)。

 認定件数は当該年度に請求されたものに限られないため、正確な年度ごとの認定率を算出できないが、請求件数に占める認定件数の割合が低下していることは明らかである。…

筆者:髙井・岡芹法律事務所 弁護士 小池 啓介

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年6月17日第2925号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ