【ダイバーシティ経営 女性が活躍する組織へ】第17回 働き方の柔軟性を高める 個が選べる仕組みに 「朝型勤務」だけでなく/武石 恵美子

2015.05.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

導入率低いフレックス・在宅制

 前回、恒常的な長時間労働の問題を指摘したが、日本の働き方のもう一つの特徴は、レキシビリティ(柔軟性)が極めて低いことである。…

筆者:法政大学キャリアデザイン学部 教授 武石 恵美子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年5月11日第3016号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ