【ダイバーシティ経営 女性が活躍する組織へ】第12回 育児期にどう対応するか 本人意思確認し対応 キャリア形成の視点で/武石 恵美子

2015.04.06 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

最高裁がマタハラで初判断

 近年、正社員を中心に、出産後も育児休業制度を利用しながら継続就業する女性が増えてきている。

 2005~2009年に第一子を出産した正規労働の女性のうち、…

筆者:法政大学キャリアデザイン学部 教授 武石 恵美子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年4月6日第3011号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ