【ダイバーシティ経営 女性が活躍する組織へ】第1回 マイノリティの視点で 異質性活用がカギに 人事戦略の転換期到来/武石 恵美子

2015.01.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

男性型求められたバブル期

 「女性活躍推進」は、政府の成長戦略の最重要課題となっている。衆議院解散がなければ、今頃は「女性活躍推進法」が成立し、企業の取組みを後押しすることになっていただろう。

 しかし、このテーマは与野党間で基本的な対立点はないので、女性の活躍推進の政策が今後も続くことは確実である。…

筆者:法政大学キャリアデザイン学部 教授 武石 恵美子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年1月12日第3000号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ