【実務に活かす!労働判例のていねいな読み方】第26回 実際に地裁判決を読む(1)/藤川 久昭

2014.01.20 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

判決文の構成を確認 訴訟費用は意外に複雑

1 はじめに

 今回から、実際の判決文を読んでいくことで、判決の読み方を学ぶこととする。まずは、医療法人清恵会事件・大阪地方裁判所判決(平成24年11月16日労判1068号72頁)を取り上げる。具体的には、かっこ(「」)でくくった判決文を、適宜省略しながら紹介し解説を加えるという方法で行う。

 ところで、今回以降は、読者の方には「なんじゃ、当然のことをいっとるだけじゃないか」と怒りを感じる方もいらっしゃるだろう(これまでの連載についても、かな(苦笑))。今回からは、特に、初心者向けの内容であることを、前もって心からお詫びしたい(平伏)。…

筆者:青山学院大学法学部 教授 ㈱DeNA 監査役 弁護士 藤川 久昭

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年1月20日第2953号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ