【多様人材活用の新ルール】第1回 連載の背景 「限定正社員」が増加へ 女性活躍推進も重要に/佐藤 博樹

2014.01.13 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

働き方の改革は不十分

 今回の連載では、企業の人事管理が直面している人材活用上の課題を取り上げる。具体的なテーマとして、①ワーク・ライフ・バランス支援、②女性の活躍の場の拡大、③キャリア選択と能力開発への支援、④正社員雇用の多元化、⑤現場管理職の人事管理能力向上などを想定している。①から④はそれぞれ相互に関係し、⑤は①や②を実現するために不可欠な取組みである。こうしたテーマの相互関係も連載では説明していきたい。連載途中に重要なテーマが生じた場合など、内容を変更あるいは追加することもあるので、その点に関してご了解いただきたい。

 それぞれのテーマに関してもう少し解説を加えると次のようになる。

筆者:東京大学大学院 情報学環 教授 佐藤 博樹

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年1月13日第2952号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ