【多様人材活用の新ルール】第18回 限定正社員の制度設計⑤ 徐々に担当業務拡大 無期雇用への転換前で/佐藤 博樹

2014.05.19 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

契約更新基準を明記

 2013年4月の改正労働契約法施行により、有期契約社員の無期雇用への転換が法的に整備、促進されることになった。無期の労働契約への転換に際して重要な点は、別段の定めがない限り、当該社員の有期の労働契約が無期に変更されるだけで、他の労働条件には変更がないことにある。他方で、有期契約社員は、勤務先の事業所や担当業務が限定されており、さらには所定労働時間が短時間であって残業がない者などが多い。そうした有期契約社員が無期の労働契約に転換すると、事業所限定や業務限定さらには労働時間限定の限定正社員が誕生することになる。…

筆者:東京大学 社会科学研究所 教授 佐藤 博樹

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年5月19日第2969号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ