【多様人材活用の新ルール】第2回 ワーク・ライフ・バランス支援①  仕事意欲に大きく影響 人事管理の中核を構成/佐藤 博樹

2014.01.20 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

子育て支援ではない

 ワーク・ライフ・バランス(以下、WLB)という言葉は、人事管理だけでなく、今ではマスメディアを含めて広く使われている。しかし、WLB支援に関して、既婚女性の子育て支援や福利厚生施策と考える人事担当者が少なくないなど、正しい理解が定着しているわけではない。WLB支援は、子育て支援でも福利厚生施策でもなく、人事管理の中核を構成するものである。この点に関して、企業経営において人事管理が担うべき基本的機能から説明しよう。…

筆者:東京大学大学院 情報学環 教授 佐藤 博樹

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年1月20日第2953号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ