【多様人材活用の新ルール】第7回 ワーク・ライフ・バランス支援⑥ eラーニングも効果的 「WLB管理職」の育成へ/佐藤 博樹

2014.02.24 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

意識の変化など測定

 WLB(ワーク・ライフ・バランス)支援型のマネジメントを担える管理職をWLB管理職と呼ぶとすると、WLB管理職を増やすためには、企業によるどのような取組みが有効なのか。管理職研修と、企業による管理職への支援および行動の評価の2つを取り上げる。

 WLB管理職を育成するために、WLBの必要性やWLB支援型マネジメントに関して研修したり、職場マネジメントを支援したりする企業も多い。しかし管理職研修や管理職支援の効果を実証的に検証した研究は極めて少ないため、その点を検討したい。…

筆者:東京大学大学院 情報学環 教授 佐藤 博樹

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年2月24日第2958号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ