【激変する外国人雇用―新・技能実習制度から高度人材まで】第18回 募集・採用時の留意点 保証金、違約金はダメ トラブル発生の要因に/早川 智津子

2017.05.22 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

実習生が作成する書面で裏付け取る

 今回から、外国人の雇用管理に関する労働法令や裁判例をみていく。募集や職業紹介に際し、職業安定法(以下、職安法)5条の3は、労働条件の明示を求めている。これについて、外国人雇用指針(平19・8・3厚生労働省告示276号)は、事業主が、採用後の業務の内容、賃金、労働時間、就業の場所、労働契約の期間、労働・社会保険関係法令の適用に関する事項について、書面の交付または外国人が希望する場合は電子メールの送信のいずれかの方法で明示することとしている。募集時に外国人が国外にいる場合は…

筆者:佐賀大学経済学部 教授 早川 智津子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年5月22日第3113号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ