【激変する外国人雇用―新・技能実習制度から高度人材まで】第14回 労働市場法とのかかわり 監理団体が職業紹介 法令違反の場合不受理も/早川 智津子

2017.04.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

雇用関係あっせん職業紹介とみなす

 前回、私見ではあるが、技能実習生と実習実施者(受入れ企業等)の間で技能実習法に基づいて締結される技能実習契約は、技能修得・技能移転の特約が付いている点で、一般の労働契約と異なると考えた。

 今回は、技能実習関係――技能実習生、実習実施者のほか、団体監理型受入れであれば監理団体、送出機関等を含む――と労働市場法のかかわりをみていく。

 労働市場法という分野でとくに重要なのは、職業安定法(以下、職安法)である。…

筆者:佐賀大学経済学部 教授 早川 智津子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年4月17日第3109号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ