【アフターコロナの健康経営実践法】第22回 優良事例紹介(大橋運輸) 改善が経営者の役割 従業員満足求めた先に/永田 智久

2022.06.16 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

日曜歯科検診に食育も

 健康経営のトップ企業を紹介したい。愛知県瀬戸市にある大橋運輸㈱(鍋嶋洋行代表取締役)、約100人の運輸業だ。

 代表の鍋嶋は就任当初、厳しい経営環境を立て直すため、がむしゃらに働いた。まず、とにかく朝早く会社に行って5Sをやる。社員が出勤する前に、1人で黙々と続けた。そのうちに、社員が1人、また1人と5Sに加わる。仲間が増えていくのを感じた。金融機関で働いた経歴を持ち、良い会社と悪い会社それぞれの共通項は熟知していた。次第に経営状況は改善する。その過程で、経営者としての役割を考え続けていた。

 会社を大きくすることがやるべきことなのか。いや違う、良い会社にしたい。社員にとって良い会社。どうすれば社員のモチベーションが上がり、成長できるのか。経営で大切なのは、…

筆者:産業医科大学 産業生態科学研究所 産業保健経営学研究室 准教授 永田 智久

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年6月20日第3357号10面 掲載

あわせて読みたい

連載名で検索する

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。