【今週の注目資料】令和3年 人事院勧告(参考資料・生計費関係)(人事院)

2021.08.26 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

4人世帯の生計費21万円

 今年4月の4人世帯の標準生計費は、21万9300円だった。5人世帯は23万2790円、3人世帯は20万5820円、2人世帯は19万2350円、1人世帯は11万4720円となっている。

 内訳は、食料費が4人世帯6万4360円、3人世帯5万6270円、2人世帯4万8180円、1人世帯3万60円だった。住居、光熱・水道、家具・家事用品などの住居関係費は2人世帯が最も高く、5万4430円となっている。以下、3人世帯4万6870円、1人世帯4万4700円、4人世帯3万9310円と続く。

 保健医療、交通・通信、教育、教養娯楽などの雑費は5人世帯8万7570円、4人世帯7万5350円、3人世帯6万3150円、2人世帯5万950円だった。諸雑費やこづかい、交際費、仕送り金などその他の消費支出は4人世帯が3万1540円となっている。

 調査は総務省の「全国家計構造調査」、「全国単身世帯収支実態調査」、「家計調査」に基づき、1カ月に掛かる生計費を算定した。

令和3年 人事院勧告(参考資料・生計費関係)(人事院)

この連載を見る:
令和3年8月30日第3318号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ