【もう恐れない!テレワーク実務】第22回 学校法人の事例 郵送の手間不必要に Zoomで個人面談対応/村田 瑞枝

2021.06.10 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

端末配布し授業活用

 コロナ禍で変わったのは企業だけではない。オンライン授業を中心に、学校も大きく変わった。今年2月、日本テレワーク協会が主催している「第21回テレワーク推進賞表彰」で、名古屋経済大学市邨(いちむら)中学校・高等学校が審査員特別賞を受賞した。表彰を21年間やってきたなかで、学校法人の受賞は初めてだった。

 市邨学園では、もともとiPadをすべての生徒に配布し、授業に活用していた。しかし、多くの企業と同様、これだけ急にほとんどをオンライン移行することは想定していなかった。

 とくに課題となったのが…

筆者:一般社団法人 日本テレワーク協会 事務局長 村田 瑞枝

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年6月21日第3309号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ