【もう恐れない!テレワーク実務】第14回 テレワーク勤務手当 光熱水道費を負担か 労使で協議しルール作る/川田 理華子

2021.04.08 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

1日130円要する

 テレワーク中に発生する費用のうち、光熱水道費などはテレワークの頻度に比例して全体的に増加する傾向があるため、労働者の自己負担とする場合、不満が生じやすい。本来であれば会社が負担するものではないのかという思いがあるからだ。

 テレワークに伴う費用については、あらかじめ労使で十分に話し合う必要がある。労使のどちらが負担するか、会社が負担する場合の上限額、会社に対して費用を精算する方法などだ。そのうえで、労働者に負担させる費用がある場合には、当該事項について就業規則に規定する必要がある(労働基準法第89条第5号)。

 厚労省の「テレワークモデル就業規則」では、別表のように整理されている。…

筆者:一般社団法人日本テレワーク協会 客員研究員
社会保険労務士 川田 理華子

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年4月19日第3301号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ