【もう恐れない!テレワーク実務】第7回 メンタルヘルスケア 「言動の変化」に注意 医療機関など活用検討も/川田 理華子

2021.02.18 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

孤独感が不調原因に

 テレワークは職場から離れて働くため、職場にいるときには感じた上司、同僚とともに仕事を進める雰囲気を得られにくい。孤立感を感じることもある。これらが業務上の不安につながり、心身健康に影響を与える可能性がある。接する機会が減って不安を抱えていることにも周囲が気付けず、メンタルヘルス不調を防ぎにくい。単身者のテレワークは、とくに注意が必要だ。

 職場において、上司や同僚と課題の整理、相談・雑談、仕事の愚痴などを通して、様ざまな課題を解決していた。対面であれば声を掛けやすく、聞こえてきた話題にも入りやすかったが、オンラインでは声を掛けるに当たって心理的なハードルが上がる。

 さらにコロナ禍の場合は、…

筆者:一般社団法人日本テレワーク協会 客員研究員 社会保険労務士 川田 理華子

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年2月22日第3294号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ