【もう恐れない!テレワーク実務】第4回 事業外みなし労働時間 通信切断の自由必要 具体的な指示に基づかず/川田 理華子

2021.01.28 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

算定が困難であるか

 テレワークにおける労働時間管理の煩雑さから、みなし労働時間制を導入したいというご相談は多い。テレワークにおいて、使用者の具体的な指揮監督が労働者に及ばず、労働時間の算定が困難なときは、労働基準法第38条の2で規定する事業場外労働に関するみなし労働時間制の適用が可能である。

 ただし、適用には要件が2つある。1つ目は、「情報通信機器が、使用者の指示(黙示の指示を含む)により常時通信可能な状態におくこととされていない」=「情報通信機器を通じた使用者の指示に即応する義務がない状態」である。

 使用者の指示に即応する義務がない状態とは、…

筆者:一般社団法人日本テレワーク協会 客員研究員 社会保険労務士 川田 理華子

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年2月1日第3291号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ