【努力義務化!70歳までの就業確保 新しい高齢者雇用】第9回 50歳到達者研修のすすめ(上) まだ見ぬ姿引き出す 本人が職業人生振り返り/藤村 博之

2021.03.04 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

能力を棚卸しする好機に

 20歳過ぎに働き始めて65歳まで働くとすると、その期間は約45年である。70歳までの雇用を考えると実に50年になる。45~50年の長きにわたって第一線で働き続けるには、不断の能力開発が欠かせない。企業が雇いたいと思うような能力を従業員が維持するために、企業が提供する研修プログラムを2回にわたって紹介する。

 は、職業生涯を図式化したものである。20歳前後で働き始め、10年くらい経過した30歳の頃に自分なりの得意分野をみつける。その分野でずっと職業生活を送れる人もいれば、途中で転換を余儀なくされる人もいる(キャリアチェンジ)。企業の中で昇進や昇格があり、管理的な仕事に就く人もいる。…

筆者:法政大学大学院 イノベーション・ マネジメント研究科 教授 藤村 博之

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年3月8日第3296号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ