『東京オリンピック・パラリンピック』の労働関連ニュース

2019.11.30 【安全スタッフ】
死傷者数23人に 過去約3年間で 五輪工事

 厚生労働省は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会の施設工事安全衛生対策協議会を開いた。災害発生状況について報告があり、対象期間である平成28年7月29日~令和元年6月30日までの死傷者数は23人、延べ休業日数は743日になっていることが分かった。度数率は0.828となっている。  死傷者数の内訳をみると、死亡2人、休業8日以上16……[続きを読む]

2019.11.11 【労働新聞】
2020オリンピック・パラリンピック開催時 切り札はテレワーク 各社の出勤対策

メンバーズ 今夏2週間試す 残業時間10%減る効果も  2020東京オリンピック・パラリンピックが9カ月後に迫るなか、開催エリアの企業においてテレワークを中心とした期間中の出勤対策を講じる動きが活発化してきた。㈱メンバーズ(中央区)は、来夏の期間中に出社しないで働くために、今夏2週間にわたって一斉テレワークを行って業務上に問題がないことを……[続きを読む]

2019.11.06 【労働新聞】
五輪施設工事で23人が死傷災害 厚労省

 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会施設工事で、23人(死亡2人)の死傷災害が発生したことが、厚生労働省の集計結果で分かった。度数率は0.828で、一般より低くなっている。  集計対象期間は、2016年7月29日~19年6月30日。  はさまれ・巻き込まれ、墜落・転落が多くなっているが、過労自殺が1件あった。  過労自殺の……[続きを読む]

2019.11.01 【労働新聞】
スムーズビズに協力 最賃1500円めざす 連合東京

 連合東京(杉浦賢次会長)は、第16回定期大会を開催し、2020~21年度の運動方針を正式に決定した。地域別最低賃金1500円をめざすとしている。  冒頭の会長挨拶で、岡田啓会長(当時)は、東京都の最賃について、中長期的な目標として1500円をめざすと述べた(写真)。五輪までに1000円以上という目標は達成したが、満足して良い水準にないと……[続きを読む]

2019.10.25 【労働新聞】
「労使協議ない」43% 五輪中のスムーズビズで 連合東京

 連合東京(杉浦賢次会長)は「東京2020大会に向けた東京都スムーズビズへの取組みに関する組合アンケート調査」をまとめた。東京都はオリンピック大会期間中の交通混雑を見据え、交通量の抑制や分散に向けた取組みを「スムーズビズ」として推進している。連合東京では、テレワークや時差出勤など交通量緩和の対策状況を把握し、都への政策要望を行うため調査を……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ