五輪期間の交通混雑緩和 テレワーク導入意向2割 時差出勤は4割弱 東商調査

2019.05.30 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

勤務シフト変更など課題に

 東京商工会議所(三村明夫会頭)は、2020年東京オリンピック・パラリンピック大会期間中の交通・輸送に関する調査結果を明らかにした。東京都が交通混雑緩和に向けた協力を企業に呼び掛けるなか、重点取組み地域の企業のうち、期間中のテレワーク導入に前向きなのは2割程度にとどまった。時差出勤についても、前向きな企業割合は拡大しているものの4割に満たない。交通輸送対策の課題では、勤務シフトの変更など「人の問題」が5割を占めている。

 大会期間中は、大会関係者や観客などの移動による交通量の増加が見込まれ、何も対策を講じなければ道路・鉄道で深刻な混雑が発生し、始業時刻や商談に間に合わないなど経済活動に大きな影響が生じる恐れがある。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年6月3日第3211号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ