在宅勤務割合低下へ コロナ終息後の見込み 東商調査

2021.08.20 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 新型コロナ終息後に従業員へのテレワークや時差出勤の適用割合が低下する見込み――こんな結果が、東京商工会議所が実施した「通勤混雑緩和に向けた実態把握調査」で明らかになった。調査は今年5~6月、会員企業約1万2000社を対象に実施し、在宅勤務の実施状況と今後の見込みなどを尋ねている。

 在宅勤務の整備状況をみると、49.5%の企業が「制度がある」と回答。このほか、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年8月23日第3317号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ