熱中症対策など徹底を 五輪工事現場に呼掛け 厚労省通達

2019.09.11 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省はこのほど、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会施設工事の労働安全衛生対策の徹底について、安全衛生部長名の通達を発出した。今年8月8日に大会施設工事で労働者が意識を失い、死亡する事件が発生したことを受け、「夏期の暑熱環境下での作業が影響した可能性」があると指摘している。限られた工期の中で複数の作業を同時に進めざるを得ない状況も想定されるとして、元請け企業には、これまで以上に熱中症対策などの安全衛生対策を強化するよう求めた。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年9月15日第2338号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ