『トピックス』の労働関連ニュース

2020.11.26 【安全スタッフ】
【トピックス】建設現場の好事例集作る 写真入りで分かりやすく解説 「見える化」の取組み紹介/新宿労基署

 東京・新宿労働基準監督署(中尾剛署長)は、「建設業における労働災害防止対策事例」を作成した。「見える化」「朝礼・KY」「設備面」など創意工夫が行われた48事例を紹介している。例えば高齢者・既往症・経験年数5年未満の者のヘルメットに色別にシールを貼って、管理しにくい作業員の健康状態を見える化した取組みや高所作業の多い現場ではラジオ体操に加……[続きを読む]

2020.10.27 【安全スタッフ】
【トピックス】トンネル工事現場をチェック 労働衛生週間に意識高揚図る 新東名高速道路でパトロール 神奈川労働局

 神奈川労働局(園田宝局長)は9月30日、清水建設㈱・㈱ピーエス三菱・岩田地崎建設㈱新東名高速道路高松トンネル工事特定建設工事共同企業体の現場で労働基準部長によるパトロールを実施した。全国労働衛生週間の実施にあたり意識高揚を図るもの。新型コロナウイルスの感染予防の周知を行うとともに、粉じんなどによる労働衛生管理対策の確認を実施した。…[続きを読む]

2020.10.12 【安全スタッフ】
【トピックス】台風被害の復旧現場を巡視 重機周辺は立入禁止徹底 上下作業ない計画で安全に 長野労働局

 長野労働局(中原正裕局長)は9月10日、昨年10月の台風19号による被害を受けた千曲川周辺の復旧工事現場で安全パトロールを行った。護岸復旧のためブロックをつり上げる重機と作業員との接触防止対策を視察するとともに、寸断された橋梁の補修工事で上下作業への注意や墜落防止措置の状況を確認した。 千曲川の復旧が急ピッチで進む  昨年の台風19号に……[続きを読む]

2020.07.10 【安全スタッフ】
【トピックス】在宅ワーク時の筋疲労防ぐ 小休止挟み目・首・肩ほぐそう 日本人間工学会 習慣見直すヒント集公開

 一般社団法人日本人間工学会(吉武良治理事長)は、タブレット・スマートフォンを使って在宅ワークをする人向けに「実践したい7つの人間工学ヒント」を公開した。20分ごとに20秒の小休止を挟む「20-20-20ルールの実践」「ストップ・ドロップ・フロップ」といった眼精疲労を防ぐ習慣や、首や肩への負担を減らす作業姿勢などを図解している。 20分ご……[続きを読む]

2020.06.10 【安全スタッフ】
【トピックス】転倒予防へ見える化事例集 製造業のつまずき解消策を紹介/青梅労基署・青梅労働基準協会支部

 東京・青梅労働基準監督署と青梅労働基準協会支部では、製造事業場を中心に階段の踏み外しや段差のつまずきなどによる転倒災害防止のための見える化事例を募ってきた。5年間にわたり続けてきた成果を事例集にまとめて、管内事業場への周知を図っている。色付きの手摺や色分けによる昇降方向の明確化など踏み外しやすい階段の下り終わり3段に数字を表示、段差や床……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ