【トピックス】台風被害の復旧現場を巡視 重機周辺は立入禁止徹底 上下作業ない計画で安全に 長野労働局

2020.10.12 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 長野労働局(中原正裕局長)は9月10日、昨年10月の台風19号による被害を受けた千曲川周辺の復旧工事現場で安全パトロールを行った。護岸復旧のためブロックをつり上げる重機と作業員との接触防止対策を視察するとともに、寸断された橋梁の補修工事で上下作業への注意や墜落防止措置の状況を確認した。

千曲川の復旧が急ピッチで進む

 昨年の台風19号により大きな被害を受けた千曲川の復旧と、崩落した市道白鳥神社線の海野宿橋を架替える工事が現在、急ピッチで進んでいる。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年10月15日第2364号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ