【トピックス】メンタルヘルス 中小企業の対策普及へ Webシンポジウム公開中/あんしん財団

2021.06.28 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 一般財団法人あんしん財団(山岡徹朗理事長)では、中小企業におけるメンタルヘルス対策の取組みを支援するWebサイト「こころの“あんしん”プロジェクト」を運営しているが、このほど「中小企業向け【実践型】職場のメンタルヘルス対応シンポジウム」を公開した。経営、医療、法律の3つの分野のエキスパートが、それぞれの立場からメンタルヘルス対策を事業所のマネジメントにどう反映していくかをテーマとしている。誰でも、何度でも、無料で見ることができ、初めて取り組む企業やすでに取組みを始めている事業所が対策を一歩進めるための参考になる。

公開中のWebサイトはこちら https://www.anshin-kokoro.com/symposium/

生産性上がり業績向上へ 職場環境改善し従業員が安心感/伊藤貴志社会保険労務士事務所 代表 社会保険労務士 伊藤 貴志

人材定着にも効果があると伊藤社労士

 経営の視点からメンタルヘルス対策の重要性を訴えた伊藤貴志社会保険労務士は、長時間労働やパワハラを減らすなど職場環境改善を行うと従業員に安心感が生まれ、生産性が上がり業績向上が期待できると、取組みへのメリットを挙げた。

 逆にいえば、従業員がメンタルヘルス不調になると、…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年7月1日第2381号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ