【トピックス】管路トンネル築造工事を巡視 経験豊かな〝プロ〟の目で 転倒防止へ足場もチェック/仙台建設労務管理研究会顧問会

2021.02.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 仙台建設労務管理研究会顧問会(金子功会長)は昨年12月15日、石巻市渡波幹線管渠復興建設工事(施工:飛島・本間特定建設共同企業体)で、第21回拠点安全衛生パトロールを実施した。経験豊かな〝プロ〟が会社の垣根を越えて、厳しくチェックし、「転ばぬ先の杖」として適切なアドバイスをする。現場は地下6.4~8.6mで管路トンネルの築造を行っており、転倒防止へ足場板の設置や玉掛用具、化学物質の管理などを確認した。

 60歳以上のメンバーで構成される仙台建設労務管理研究会顧問会。安全衛生に知識があり、経験豊富なベテランの力を生かそうと平成27年に発足した。現場技術者と労働基準監督署がよりよいコミュニケーションをとり、現場で起きるさまざまな問題解決が図れるように双方の〝架け橋〟になる役割として期待されている。これまで精力的に建設現場のパトロールなどを行っており、労働災害の防止に貢献してきた。今回は21回目の拠点安全衛生パトロールになる。

 巡視場所は、宮城県石巻市にある石巻市渡波幹線管渠復興建設工事。同工事は、…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2021年2月15日第2372号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ