【特集2】ベテランの目でチェック 復興工事現場をパトロール 仙台建設労務管理研究会顧問会

2016.04.03 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 政府は「一億総活躍社会」を提唱しているところだが、60歳を過ぎても元気に仕事ができる人はたくさんいる。仙台建設労務管理研究会では、昨年5月60歳以上のメンバーからなる顧問会を設立した。東日本大震災以後、安全指導に奔走した目を生かしてパトロールを行おうと、2月17日、18日岩手県三陸沿岸の工事現場を視察した。本誌では、2日目に行われた山田町山田中央団地災害公営住宅建設工事のパトロールに同行。建築現場での高所作業や足場の点検、整理整頓などについて念入りにチェックしていた。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年4月1日第2255号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ