【特集2】ルール守る現場づくりを 10項目の「職場のマナー」掲げ/東通原子力発電所1号機新設工事港湾第1工区共同企業体(五洋・みらい・若築・りんかい・熊谷・野村・六ヶ所JV)東電東通原子力工事事務所

2014.12.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 「原子力発電所は安全に厳しいところ。それゆえに職場のマナーを守れる人でなければ現場に入ってもらいたくない」――東通原子力発電所1号機新設工事港湾第1工区共同企業体(五洋・みらい・若築・りんかい・熊谷・野村・六ヶ所JV)東電東通原子力工事事務所の神﨑稔総括所長(所属:五洋建設㈱)はこう言い切る。現場では基本ルールの徹底を重要視し「挨拶は職場の潤滑油」「服装の乱れは気のゆるみ」など10項目からなる「職場のマナー」を事務所会議室や現場休憩所に掲示。携帯電話の使用エリアの設定、玉掛け作業での「3・3・3運動」の励行など決められたことをきちんと守る現場づくりを進めている。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年12月15日第2224号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ