【特集2】作業者任せになっていませんか? 不安全行動の監視徹底を “形ばかり”から“実効ある”作業管理へ/星 雅道

2015.01.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 労働災害は不安全行動と不安全状態が重なって起こる。そして、その不安全行動の防止には、作業主任者がしっかりと監視し注意することが欠かせないと、飛島建設㈱本社安全環境部の星雅道担当部長はいう。「現場の安全管理は作業員任せになっていないか?点検は形ばかりではないか?」建設業の安全衛生に長年携わった経験から、危険ゼロを目指す“実効ある”現場の安全管理について持論を展開してもらった。「危険予知は具体的表現で」「リスクアセスメントはスタートを明確にする」といったポイントにも注目だ。…

執筆:飛島建設㈱ 本社安全環境部 担当部長 星 雅道

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年1月1日第2225号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ