【特集2】木建現場を抜き打ちパト 専門工事のプロが目を光らせる 「ブルーキャップス隊」に密着 建災防山梨県支部

2016.06.03 【安全スタッフ】

 建設業労働災害防止協会山梨県支部では、「ブルーキャップス」と呼ばれるパトロール隊が、定期的に木造家屋建築工事現場のパトロールを行っている。パトロールは災害につながる危険の芽を摘むのが目的だが、現場を抜き打ちで訪問するため、すべての現場が快く迎えてくれるわけではない。工期に追われる現場で1件でも労働災害を減らしたいという強い思いのもと、足場や脚立、電動工具などの安全な使用について理解を求めている。ブルーキャップスの隊長を務める井上曻さんに、隊の16年にわたる活動について話を聞くとともに、今年3月11日に行われた巡視に密着した。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成28年6月1日第2259号

あわせて読みたい

ページトップ