string(61) "/news/news_tag/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E6%A8%A9/"
string(8) "news_tag"

『キャリア権』の労働関連ニュース

2018.07.12【労働新聞】
社会人対象の出前授業強化 キャリア権ネット

 認定NPO法人キャリア権推進ネットワークは、東京都内で平成30年度の総会を開催した=写真。今年度の新事業として、多様なキャリアを考える懇親会を実施するとしている。 総会では、社会人を対象にした出前授業を強化するなどの方針も確認した。法政大学の諏訪康雄名誉教授が新理事長に就任する人事案も承認している。 記念講演にはコーン・フェリー・ヘイグ……[続きを読む]

2018.03.01【労働新聞】
AI広がり副業時代 1社で働く形態から変化 キャリア権・シンポ

 認定NPO法人キャリア権推進ネットワーク(戸苅利和理事長)は「AIと仕事・キャリアの未来」と題したシンポジウムを東京都内で開催した=写真。AIの進展が雇用にどのようにつながるかを議論した昨年末の労働政策審議会労働政策基本部会に招かれていた、野村総合研究所の上田恵陶奈上級コンサルタントが基調講演を行っている。 上田上級コンサルタントは、A……[続きを読む]

2018.02.13【労働新聞】
「キャリア権」確立へ 個人が働き方に責任 経産省研究会

 「人生100年時代」における人材育成の進め方を検討している経済産業省の「我が国産業における人材力強化に向けた研究会」は、これまでの議論の報告書骨子案を取りまとめた。働く人が自ら仕事を選択してキャリアを開発する「キャリア権」の確立など、個人が自分のキャリア・働き方に責任を持ち、活躍し続けるための環境整備が必要とした。  骨子案では、少子……[続きを読む]

2018.02.08【労働新聞】
学生へ出前授業 人生百年時代の働き方問う キャリア権ネット

 学生・生徒へのキャリア教育に力を入れているNPO法人キャリア権推進ネットワーク(戸苅利和理事長)は法政大学第二高等学校で、進学を間近に控える高校3年生を対象に出前授業を行った。前半では、法政大学大学院政策創造研究科の石山恒貴教授(写真)がキャリアとは何かについて解説。「今後、人生が100年の時代になると、雇用されて働くことが当たり前でな……[続きを読む]

2017.10.16【労働新聞】
業務の幅に課題 副業・兼業でセミナー キャリア権ネット

 認定NPO法人キャリア権推進ネットワーク(戸苅利和理事長)は、柔軟な働き方を考えるイベントを東京都内で開いた。冒頭の挨拶で戸苅理事長は「働き方改革実行計画に副業・兼業が盛り込まれたものの、就業規則で禁止としている企業は多いため、対応が課題だ」と指摘している。 パネルでは、現在、㈱ビースタイルで正社員として週3日働きながら、プロのダンサー……[続きを読む]

1016-03-02-a.

年月アーカイブ

ページトップ