【賃金事例】富士電機/“タスク”で4段階に格付け 65歳超の雇用ルールは統一も

2020.07.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

定年後幹部人材へ処遇改善

 富士電機㈱(東京都品川区、北澤通宏代表取締役社長)は今年4月、主に課長級以上を指す幹部社員を対象に60歳定年以降の処遇を見直した。ライン管理職を継続する一部の人材以外に対し、時々のタスクの重さで4段階のタスクレベルに格付ける仕組みを導入している。各人のタスクレベルは、事業部門主導で1年ごとに見直す。賃金はシングルレート制を採り、賞与は5段階で35%の差を付けて支給する。65歳超の人材についても、新たに全社共通のルールを整備し、5段階の時給と、3段階の賞与で処遇することとした。10年後には社員の18%を占めるシニア人材の処遇を改善し、やる気アップに結び付ける。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年7月13日第3264号8,9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ