【賃金事例】ブルドックソース/年収最大8割確保し70歳まで 60歳以降は「シニア社員」

2021.09.16 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

昇給や賞与の対象に

 ブルドックソース㈱(東京都中央区、石垣幸俊代表取締役社長執行役員)は、70歳までの10年間、定年到達者を継続的に雇用する「シニア社員制度」を今年度から運用している。60歳までの正社員に適用する評価制度は引き続き活用する一方、シンプルに職群別の体系を用い、給与水準はシニアの生計費を考慮して設計した。従来の再雇用制度を見直して新たに査定昇給や賞与支給を行うことで、定年前の6~8割程度の年収を確保している。従来の業務を継続して担当してもらうが、体力やライフプランに応じて短日・短時間勤務も認める。人事異動や配置転換の対象とし、再雇用後も管理職のポストに留まることも可能とした。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年9月20日第3321号8,9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。