キャリア助成金 飲食店が200万円不正受給 3コースで虚偽申請 兵庫労働局

2020.05.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

実態ない訓練日誌提出

 兵庫労働局(荒木祥一局長)は、虚偽の申請書類を提出し、雇用関係助成金を不正に受給したとして、飲食業のMOUTON COFFEE(兵庫県西宮市)を営む個人事業主への支給決定を取消し処分とした。不正に受給したのは非正規雇用者の待遇向上を目的とするキャリアアップ助成金で、計3コースで総額200万円以上を受け取っている。委託契約したコンサルタントが作成した虚偽の出勤簿の内容を確認することなく印鑑を押し、全く訓練を実施していないにもかかわらず訓練日誌を提出していた。対象者自体、非正規雇用者ではなかったとみられている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年6月1日第3259号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ