操業停止が3割に 計画停電でヒアリング 兵庫労働局

2012.08.20 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 兵庫労働局(白川欽也局長)は、節電・計画停電への対応について企業にヒアリング調査を行った。計画停電が実施された場合の対応を聞いたところ、「停電時間の操業・営業を休止」が3割超と最も多いことが分かった。影響の程度については「重大な支障・損失が確実に生じる」との訴えが4割に上っている。

 調査は今年7月、管内の労働者299人以下の中小企業のうち製造業、卸売・小売業、運輸業の140社に実施した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成24年8月20日第2885号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ