治療と仕事両立 経営トップへ基本方針募集 東京労働局

2019.11.08 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京労働局(土田浩史局長)は10月29日、東京都と都内の経営者団体、医療機関などによる「東京地域両立支援推進チーム会議」を開いた。がん・難病などの治療と仕事の両立支援を推進するための方策を検討している。

 企業における支援制度導入を促進するため、今年度は経営トップによる基本方針の表明を促す施策を強化するとした。基本方針を広く募集するとともに、集まった方針を同労働局のホームページで紹介していく。

 両立支援に関するリーフレットの見直しも行うとした。最新の助成金情報を掲載するとともに相談先の明確化を図るなど、さらに分かりやすい内容に改める。

令和元年11月11日第3232号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ