破砕機で腕切断 解体業者を送検 品川労基署

2012.10.29 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京・品川労働基準監督署(武藤一雄署長)は、破砕機に労働者の腕が巻き込まれた災害で、解体工事業の㈱小林商店(東京都品川区)と同社の現場代理人を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反などの疑いで東京地検に書類送検した。

 今年2月、品川区内の解体工事現場で、下請業者から派遣されていた労働者が、廃コンクリートを小割りにする破砕機のチェーン部分に注油を行っていたところ、右腕を巻き込まれる労働災害が発生。労働者は肘関節から先を失った。

 同社の現場代理人は、作業を行わせるに当たって運転を停止させるなどの措置を講じなかった疑い。労働者派遣法第45条(労働安全衛生法の適用に関する特例等)に従い、同社を派遣先として処分している。

平成24年10月29日第2894号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ