ストレス調査用い把握 心の健康対策研修会 品川労基署

2012.01.30 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京・品川労働基準監督署(黒須悟署長)と品川・目黒ビルメン警備業労務安全研究会は、メンタルヘルス対策の研修会を実施した=写真。東京産業保健推進センターの促進員が具体的な対応策を解説している。

 同労基署では、ビルメン警備業の労災が増加傾向にあるため、安全衛生体制の強化が急務となっている。

 研修会では東京産業保健推進センターの村上剛久メンタルヘルス対策促進員が講師を担当。職場環境の把握・改善のツールとして「職業性ストレス簡易調査票」などを紹介し、社員の意見の反映やプライバシーへの配慮がポイントになるとした。

平成24年1月30日第2858号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ